スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Wander Roads to Lord

『ロード・トゥ・ロード』は国産TRPG最古の作品の1つですが
登場時から独特の世界観と、一線を画する魔法体系が特徴です。

そして最新作の『Wローズ』は物語を創る事に重点を置いたシステムとなっています。
他のTRPGでは、自分の分身であるキャラクターを作り、ゲーム世界で行動させる
「演じる」事に主眼を置いていて、行動の結果として物語が出来る構図です。

Wローズのシステムを説明しますと
 a ; 無作為に本を開き、何も見ずに指などで文章を指差す。
 b ; シャッフルしたトランプを引いて、ルール本に載っている言葉決め表を見る。
 c ; ダイス(サイコロ)を振り、開く本のページ数や選ぶ行を決める。
いずれかの方法で、言葉を1語か2語選び、選んだ言葉を状況に当てはめ、物語を作る。
と、なっています。

まだ最初の方しかルールブックを読んでいませんが元々時間がかかるTRPGの中でも
さらに時間がかかりそうなシステムです。
その代わり、何かと負担が多いGM(ゲームマスター)を一人に決める必要も無く
一人でも遊べるようになっています。
他のTRPGとは別物とすら言えるシステムなので、
ルール本を読むだけでは理解が困難です。
TRPG自体も昔から【習うより慣れろ】と言われていますから
実際に遊んで見ようと思います。

そのついでと言っては何ですが、遊ぶ過程をブログに書いてみる事に。
果たして、どんな物語が書けるか。


ちょっとドキドキ。w
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白い北風

Author:白い北風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。